• ホーム
  • 中学生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・一般の方へ

ISATE


ISATE2016(International Symposium on Advances in Technology Education)を開催

 2016年9月13日(火)から16日(金)にかけて、「第10回国際工学教育研究集会(The 10th International Symposium on Advances in Technology Education ISATE2016)」を東北大学で開催し、海外8カ国・地域より合計200名の教員が参加しました(担当校:仙台高専)。
 本研究集会は、国立高等専門学校機構とシンガポールのポリテクニック5校(ナンヤン・ポリテクニック、ニーアン・ポリテクニック、リパブリック・ポリテクニック、シンガポール・ポリテクニック、テマセク・ポリテクニック)との間で締結された包括交流協定に基づき、実践的技術者教育、工学教育について討論や情報交換を行う国際研究集会です。
 今回で10回目を向かえる本研究集会では、「Future Prospects of Technology Education Models and Approaches」をテーマとし、高専機構の協定校であるフィンランドのトゥルク応用科学大学学長 Dr. Vesa Taatilaを、基調講演に迎えました。
 Problem/Project Based Learning、反転授業等を含む「広義のアクティブラーニング」について、高専や海外の教育機関での取組事例等を聞く場ともなり、とても有意義な活気のある研修集会となりました。
 来年のISATE2017は、シンガポールのニーアン・ポリテクニックをホスト校として、2017年9月19日から22日まで開催します。

谷口理事長の挨拶

谷口理事長の挨拶
基調講演の様子

基調講演の様子
口頭発表の様子

口頭発表の様子


.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る