• ホーム
  • 中学生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・一般の方へ

情報

留学生・国際交流


高専機構がウランバートル市とMOU締結

 2017年 6月2日(木),高専機構とモンゴル・ウランバートル市(以下UB市)は教育および広報活動分野での緊密な連携,協力を促進することを目的とした覚書(MOU)を結びました。

 モンゴルでは,既に日本の高専をモデルとしたモンゴル高専3校(モンゴル科技大高専,モンゴル工業技術大学付属高専,新モンゴル高専)が開学し,現在3年目になります。2016年11月2日に高専機構はUB市内にリエゾンオフィスを設置し,モンゴル高専3校に対して,日本型高専教育モデルの展開および広報活動の支援を行っています。本MOUの締結でUB市が直轄する学区内における高専教育認知度向上が見込まれます。

 調印式では,谷口功理事長,ソンドイ・バトボルドUB市長のMOU調印後,モンゴル国内のテレビ局10社,ラジオ局新聞社等による記者会見が行われ,モンゴルでの高専教育について質疑応答が行われました。

 MOU調印式後,UB市立コンサートホールにてモンゴル高専3校の全学生を対象に講演会を行いました。森茂龍一モンゴルリエゾンオフィス所長による挨拶の後,谷口理事長の講演があり,スケルトニクス株式会社代表取締役CEOの阿嘉倫大氏(沖縄高専OB。第21回高専ロボコンの優勝メンバー)による講演及び巨大ロボットパフォーマンスが行われ,会場を盛り上げました。

 また,MOU調印前日の6月1日(水)にはUB市ナショナルパークにてモンゴル一般市民を対象にモンゴル高専のイベントを支援し,現地における高専教育の広報に大きく貢献しました。


ウランバートル市と共同で『KOSEN祭』を開催





調印式写真(谷口理事長(左)とソンドイ・バトボルドUB市市長(右))

MOU関連イベントでの理事長講演





スケルトニクス株式会社 代表取締役CEO 阿嘉倫大氏講演

スケルトニクス社長阿嘉氏によるロボットパフォーマンス


.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る