• ホーム
  • 中学生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・一般の方へ

情報

留学生・国際交流


        谷口理事長がタイ王国立法議会で講演

 2017年10月9日(月)、谷口功国立高等専門学校機構理事長は、タイ王国立法議会教育スポーツ委員会において、「高専とは何か、高専がタイにできることは何か」をテーマに講演を行いました。
 タイでは、経済発展を加速していくためにイノベーションを牽引する実習経験を積んだ実践的なエンジニアの養成が急務となっており、タイの日系企業においても日本型高専教育を受けた実践的なエンジニアを求める声が高まっています。
 このため、日タイ両政府は「日タイ産業人材育成協力イニシアティブ」の下で、タイにおいて日本型高専教育を展開していくこととしており、国立高等専門学校機構はタイ教育省の全面的な協力の下に2016年12月バンコクに現地事務所を設置し、協力を推進しております。
 今般の立法議会での講演は、高専型教育をタイの政策決定レベルにおいて重要政策と位置づけていくために、タイ王国立法議会から国立高等専門学校機構に直接依頼があったものです。
 当日は、立法議会議員の他に、関係省庁の幹部、有力大学の関係者が参加し、講演の後も活発な質疑応答が行われました。
 谷口理事長の高専教育の理念から実際の教育の内容にわたる講演により、高専という我が国独自の教育システムについてのタイの関係者の理解が深まり、「高専is KOSEN」をキーワードとして、タイにおける高専教育の必要性について認識を深めることができました。
 国立高等専門学校機構では、我が国独自の高専教育を関係者との協力の下で世界に展開し、各国の発展に寄与することとしており、今後もタイなど関係国において高専教育の普及や、理工系を志す優秀な若者に対する高専への留学機会の提供などを進めていくこととしています。



タイ立法議会教育スポーツ委員会で谷口理事長が高専について講演 2017年10月9日



.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る