• ホーム
  • 中学生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・一般の方へ

情報

国際

  モンゴルで中学生対象のワークショップを実施

 2018年4月19日(木)に、高専機構はウランバートル市及び、モンゴル協力支援幹事校の都城高専と共に、ウランバートル市子供ものづくり会館にて中学生を対象としたワークショップを開催しました。

 これは、モンゴルにおけるエンジニア育成への理解浸透と若者へものづくりの楽しさと科学技術の素晴らしさを伝えることを目的として開催されたものです。当日は、55名の中学生が、赤外光センサーで障害物を避けるロボットカーの製作に取り組みました。

 最初は戸惑った表情の中学生達でしたが、都城高専技術支援センターの津浦技術職員の助言の下、前日のABUロボコン大会モンゴル予選で特別賞を受賞したモンゴル科技大高専のロボコン部員らモンゴル3高専の学生達のサポートを受けながら、目を輝かせて組み立てに熱中し、2時間後には、ほとんどの参加者が苦労して創り上げたロボットカーの試走を楽しんでいました。

 その様子はMNBモンゴル国営放送などTV局3社で紹介され、6月に実施されるモンゴル3高専入試への志願者増に貢献することが期待されます。今後、高専機構では様々な形で小中学生向けワークショップを開催していく予定です。


都城高専・津浦技術職員による
ワークショップ説明


谷口理事長による高専紹介(ビデオ)



TV局取材風景


モンゴル3高専の学生による組立指導


完成したロボットカーを手にした中学生



ABUロボコン大会モンゴル予選で
特別賞の科技大高専ロボットをデモ


参加者、保護者との集合写真





.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る