HOME>> 実施報告

平成26年12月20日(土)広島国際会議場

中学生40名、保護者37名、企業関係者が114名(63社)、教育関係者が83名、
発表学生64名、見学学生37名、運営学生8名の合計383名が参加しました!


(中学生の部)
12:00~12:10  開会式 挨拶 呉工業高等専門学校 校長 森野 数博
12:10~13:30  女子中学生・保護者を対象とした高専女子学生によるポスター発表
             入学相談コーナー

(企業の部)
13:40~13:45  開会式 挨拶 呉工業高等専門学校 校長 森野 数博
13:45~14:55  企業関係者を対象とした高専女子学生によるポスター発表
15:15~16:30  高専女子学生及び教員を対象とした企業によるポスター発表
16:30~16:40  閉会式 挨拶 独立行政法人国立高等専門学校機構 理事 大島 まり
16:40~17:00  企業関係者と高専教員の名刺交換会


  【中学生の部】

 開会式では、代表幹事校である呉工業高等専門学校の森野校長から挨拶があり、本フォーラムを通じて高専女子学生自身のさらなる成長を期待する言葉がありました。

(1)女子中学生・保護者を対象とした高専女子学生によるポスター発表
 開会式後は、中国地区8高専64名の女子学生が、女子中学生・保護者の方を対象に、高専の教育・研究活動・学生生活について35件のポスター発表を行い、高専で女子学生がどのような教育を受け、どのような学生生活を送っているのか、自分たちの言葉で分かりやすく発表しました。
 また、各高専の担当者による「入学相談コーナー」を設け、高専をより知ってもらうための情報を提供し、中学生・保護者の方からは「発表がとても分かりやすかった」「高専について知らなかったことが分かってよかった」「以前よりも高専へ入りたい気持ちが強くなった」など、参加してよかったとの声が多数ありました。

森野校長の開会挨拶

学生発表の様子


入学相談コーナー

どのブースもたいへん賑わっていました


中学生向けイベント
 各高専より、参加中学生のための送迎用のバスが運行され、バス利用者はフォーラム終了後、建築物 等散策、新聞工場見学、手焼きもみじまんじゅう作りをそれぞれ体験しました。

各高専からバスを運行

建築物探索

中国新聞の工場見学

手焼きもみじまんじゅう作り


【企業の部】

 開会式では、代表幹事校の呉工業高等専門学校の森野校長から、本フォーラムを通じて高専女子学生自身の成長と企業関係の皆様との交流を深める機会としてほしい旨の挨拶がありました。

(2)企業関係者を対象とした高専女子学生によるポスター発表

 企業関係者に向けて、中国地区8高専64名の女子学生が、高専で学び培ってきた実力をポスター発表しました。女子学生たちは、企業関係者の方々を前に堂々と発表し、質問にもしっかりと答えていました。また、学生の発表について「元気がよく、積極的」「プレゼン能力が高い」など多くの企業の方から好評をいただきました。

(3)高専女子学生及び教員を対象とした企業によるポスター発表

 企業からは、高専女子学生・高専教員に向けてこれまでのフォーラムの中では最多となる45件の発表があり、企業の女性技術者の活躍や男女共同参画の取り組みなど興味深く話を聞き、積極的に質問を投げかける女子学生の姿が多く見られました。女子学生にとっては、企業の方の話を直接聞くことができ、自身のキャリアを考える上で、大変貴重な機会をもつことができました。

 閉会式では、主催者の国立高等専門学校機構 大島理事から、高専関係者と企業関係者が一体となって女性技術者の活躍推進について考える場を作ることができたこと、高専女子学生たちの活躍に期待する言葉が述べられました。


学生発表の様子

企業発表の様子

大島理事の挨拶

 今回のフォーラムは、企業関係者をはじめ女子中学生、保護者、高専女子学生、教職員など380名を超える参加があり、たいへん盛況のうちに終了しました。