• ホーム
  • 中学生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 企業・一般の方へ

新しい奨学金の創出(国立高専機構の奨学金)

国立高専機構及び国立高専が扱う奨学金には、「日本学生支援機構奨学金(旧・日本育英会奨学金)」および「(社・財団法人、企業等による)各種奨学金」があり、その内容には貸与型のもの、給付型のものがあります。また、国立高専機構は、下記に示す奨学金を独自に用意しています。詳しくは、国立高専機構、もしくは各国立高専にお問い合わせ下さい。

→学生支援ページへ(各高専の奨学金に関する情報など)


天野工業技術研究所奨学金

財団法人天野工業技術研究所(小林純一理事長)からの寄附を原資に平成19年度に設立された国立高専5年生を対象とした奨学金。平成23年度までの過去5年間で計326名の学生が奨学生として採用され、年額20万円の奨学金が給付。平成24年度より奨学金額が年額24万円に増額され新たに年間55名の学生に対し奨学金が給付されています。


公益財団法人ウシオ財団の奨学生への候補者推薦

公益財団法人ウシオ財団の、専攻科に在学する学生に対し奨学金を給与するとともに、学術研究に助成することにより、もって人材の育成に寄与するという目的のもと、研究意欲旺盛で確固たる意志をもって学業につき、品行方正、学業優秀でありながら、奨学資金が必要な学生に対して助成されています。
国立高専専攻科生7名(国内6名、留学生1名)に対し、専攻科を修了するまでの間(最長2年)、毎月6万円給付されます。


コマツ奨学金

株式会社小松製作所からの寄附を原資に設立。主に東日本大震災の被災地区にある国立高等専門学校の学生に対し、学生一人あたり月額5万円で、採用年度の4月から学科を卒業、または専攻科を修了するまでの最短修業年限の期間給付するもの。(平成32年度を限度とする)


DMG MORI SEIKI奨学基金

ドイツのDMG MORI SEIKI社(旧 ギルデマイスター社)及びDMG森精機株式会社(旧 株式会社森精機製作所)からの寄附を原資に設立。主に東日本大震災の被災地区にある国立高等専門学校の学生に対し、学生一人あたり月額5万円で、採用年度の4月から学科を卒業、または専攻科を修了するまでの最短修業年限の期間給付するもの。(平成32年度を限度とする)


夢を応援基金(東日本大震災奨学金制度)

株式会社ローソンによる「元気になろう!日本」プロジェクトの一環として、日本の将来を担う高校生等を支援する「夢を応援基金」(東日本大震災奨学金制度)を創設。東日本大震災により被災した国立高等専門学校の学生に対し、学生一人あたり月額3万円で、採用年度の9月から学科を卒業、または専攻科を修了するまでの最短修業年限の期間給付するもの(在学中に給付が開始された奨学生が大学に進学した場合は給付が継続される)。
 ※奨学生の採用は23年度のみ


ベイン・キャピタル高専奨学金プログラム

ベイン・キャピタル社が、米国法人日本国際交流センター及び公益財団法人日本国際交流センターが主催する東日本大震災復興支援のための募金プログラムに寄付した資金をもとに設立。東日本大震災により被災した国立高等専門学校の学生に対し、学生一人あたり月額5万円で、採用年度の4月から学科を卒業するまでの最短修業年限の期間給付するもの。
 ※奨学生の採用は23年度のみ

.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る