学生活動(平成20年11月4日) -機構本部より-

「全日本学生室内飛行ロボットコンテスト」で、秋田高専専攻科が連覇

※画像をクリックすると拡大します[JPG]
1位、2位を獲得したメンバー
1位、2位を獲得したメンバー
飛行の様子
飛行の様子

 平成20年10月24日・25日に開催された「第4回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト」(主催:社団法人日本航空宇宙学会)の 飛行機タイプにおいて、秋田高専専攻科生産システム工学専攻チームが昨年度に続き優勝しました。

 今回、飛行船5チーム、飛行機29チームがタイプ別に参加し、それぞれ飛行競技、プレゼンテーションを行い、飛行1回目の結果、 飛行船5チーム、飛行機15チームが2回戦へと進出。秋田高専専攻科チームは、前回に続いて頂点に立つとともに、僚機も2位を獲得し、 上位独占となりました。

→ 前回(第3回)の優勝記事HP

【コンテスト】 遠隔操縦可能な室内航空機を用いて、設置された複数の文字板を機体カメラで読み取り、判読数と飛行時間を競う。



  第4回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト

    飛行機タイプ 優勝

     秋田高専専攻科・生産システム工学専攻チーム
       機体名 「 Mayfly2 」


           観測者 : 神馬義貴 君(専攻科2年)
           操縦者 : 湯川啓介 君(専攻科2年)
           補助者 : 高橋 渉 君(本科3年)
           指導員 : 岡本正人 准教授

→ 秋田高専HP[HOT NEWS]へ

 受賞結果の詳細は、以下の全日本学生室内飛行ロボットコンテスト・ウェブページに掲載されております。

→ 全日本学生室内飛行ロボットコンテスト


.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る