学生活動(平成21年1月26日) -機構本部より-

富山商船高専の後藤めぐみさん(スピーチ部門)と松江高専チーム(プレゼン部門)
    が “英語が使える高専生” チャンピオンに!

~ 高専生らしく “ものづくり” や “技術者倫理” について発表 ~


※画像をクリックすると拡大します[JPG]
写真①
優勝のメダルを手に満面の笑みを浮かべ喜びを表す(写真左から)後藤めぐみさん、坂本諭さん、濱田一喜さん、林紀子さん


地区予選を通過して出場した高専生(後列)と大会役員(前列)と記念撮影



プレゼン部門で優勝し、長谷川淳高等専門学校連合会長から表彰される松江高専チームの 林紀子さん と 濱田一喜さん と 坂本諭さん

スピーチ部門で優勝し、長谷川淳高等専門学校連合会長から表彰される後藤 めぐみ さん(富山商船高専)


 1月24日(土)と25日(日)、東京代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターで 第2回目の全国高等専門学校英語プレゼンテーションコンテスト*(主催;高等専門学校連合会と 全国高等専門学校英語教育学会(COCET/コセット)が松江高専を当番校として開催されました。

 スピーチコンテストでは各地区予選審査を通過した八戸、一関、旭川、群馬、長岡、富山商船、舞鶴、 和歌山、米子、徳山、高松、詫間電波、佐世保と都城の14高専15チームが、プレゼントコンテストでは 東京、富山商船、石川、長野、岐阜、舞鶴、松江、徳山、大分と近畿大学附属高専の10チームが出場しました。

 参加した学生は高専生らしく、「ものづくり」や「技術者倫理」などについて熱のこもった発表を行いました。 成績はスピーチコンテストの部では「Volunteer work should be banned」を発表した後藤 めぐみさん(富山商船高専 国際流通学科4年)さんが、 プレゼンテーションコンテストの部では「n Engineering Odyssey」と題した松江高専チームが見事チャンピオンに輝きました。今回の成績は以下のとおりです。


     スピーチ部門

         第1位 後藤 めぐみ さん (富山商船高専 国際流通学科4年)
         第2位 兼尾 佑樹 さん (佐世保高専 電子制御工学科5年)
         第3位 佐藤 由里映 さん (八戸高専 建設環境工学科2年)


     プレゼン部門

         第1位 松江高専
               林 紀子 さん(電子情報システム工学専攻1年)
               濱田 一喜 さん(情報工学科4年)
               坂本 諭 さん(環境・建設工学科4年)


         第2位 富山商船高専
               棚田 祥太 さん(国際流通学科4年)
               森田 勇貴 さん(国際流通学科4年)
               筒口 祥代 さん(国際流通学科4年)


         第3位 徳山高専
               森下 瑠理子 さん(環境建設工学科2年)
               吉永 晴香 さん(土木建築工学科5年)
               濱崎 翔平 さん(土木建築工学科4年)


         特別賞 大分高専
               細井 貴己 さん(機械工学科4年)
               小石 麻祐子 さん(都市システム工学科4年)
               三浦 望 さん(都市システム工学科4年)



※ このコンテストは昭和43年にはじまった九州地区英語弁論大会を原点とし実施されたものであり、 中国地区、関東信越地区、北陸地区と順次広がっていた各地区での英語弁論大会を関係者の熱意と努力により 全国規模のコンテストへと発展させたもので、今年はその第2回目にあたります。


▼ 関連ページ ▼

   → 第2回全国高等専門学校英語プレゼンテーションコンテスト
      (全国高等専門学校英語教育学会HP)

   → 「英語が使える高専生」大会 国立高専生、英語を自在に操る!
      (平成20年1月31日 機構HP掲載記事[第1回]より)


.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る