学生活動(平成21年8月3日)-機構本部より-

和歌山高専の中谷裕紀さんが
    におい・かおり環境学会でベストプレゼン賞受賞




 平成21年度第22回におい・かおり環境学会が7月24日(金)~25日(土)に東京工業大学大岡山キャンパスで開催され, 全国から,においやかおり,環境に関する研究者が一同に会して研究発表を行った。和歌山高専から参加した中谷裕紀さん(専攻科メカトロニクス工学専攻2年)は,「紫外線を用いた消臭の試み」と題してショートプレゼンテーションとポスター発表を行い,学会参加者全員の投票で、見事ポスター発表部門の「ベストプレゼンテーション賞」に輝いた。

 中谷さんは数少ない学生発表者として大学や企業研究者に混じって発表を行い, 地元企業製のアークライトを用いて,鶏舎や生ゴミ等の産業廃棄物処理場から出る悪臭の低減を試みた結果を紹介し,研究内容や研究結果,それに熱心な発表態度等が高く評価された。

 同大学の百年記念館で行われた懇親会で表彰が行われ,中谷さんは同環境学会の岩崎好陽会長から賞状を受けると,「私に投票いただいた方,指導いただいた藤本先生や一緒に研究してくれた仲間に感謝します。この受賞を糧により良い研究ができるように一層精進します。」と受賞の感想を述べた。



※画像をクリックすると拡大します[JPG]
和歌山高専の中谷様のお写真
ポスターを前に説明する和歌山高専の中谷さん




.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る