学生活動(平成21年10月23日) -機構本部より-

有力大学を抑え、秋田高専が3連覇を達成
   -全日本学生室内飛行ロボットコンテスト-


※画像をクリックすると拡大します[JPG]
Mayfly5の飛行の様子
Mayfly5の飛行の様子


 平成21年9月19日(土)・20日(日)に千葉・幕張メッセにて開催された「第5回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト」(主催:社団法人日本航空宇宙学会)の飛行機タイプにおいて、秋田高専機械工学科チームの「Mayfly5」が優勝し、同校は3年連続優勝という栄誉に輝きました。

 また、同校から同時に参加し、昨年度まで2年連続で優勝した秋田高専専攻科生産システム工学専攻チームの「Mayfly4」も3位入賞を果たしました。
 今大会では48チームが参加して、飛行競技、プレゼンテーションが行われ、予選を通過した17校のうち、秋田高専機械工学科チームは、2,739点という高得点をマークして、予選を1位で通過して決勝へ進出しました。迎えた決勝では、2,671点をマークして、トータルで2位の大阪府立大学大学院工学研究科チームのEgret(予選2,467点+決勝2,701点)をはじめ、東京大学、名古屋大学等を抑えての堂々たる優勝となりました。

→ 前回(第4回)の優勝記事HP
→ 前々回(第3回)の優勝記事HP

【コンテスト】 遠隔操縦可能な室内航空機を用いて、設置された複数の文字板を機体カメラで読み取り、判読数と飛行時間を競う。



  第5回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト

    飛行機タイプ 優勝

     秋田高専機械工学科チーム
       機体名 「 Mayfly5 」

    飛行機タイプ 3位

     秋田高専専攻科生産システム専攻チーム
       機体名 「 Mayfly4 」

→ 秋田高専HP[HOT NEWS]へ

 受賞結果など詳細については、以下の全日本学生室内飛行ロボットコンテスト公式ホームページに掲載されております。

→ 全日本学生室内飛行ロボットコンテスト [外部リンク]


.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る