機構からのお知らせ(平成23年6月22日)

6月17日 高専制度創設50周年記念共通マークデザイン表彰式を挙行しました。



 6月17日、(独)国立高等専門学校機構では、国公私立高専の校長が出席する中、高専制度創設50周年記念共通マークデザイン表彰式を挙行しました。
 高専制度創設50周年記念共通マークデザインは、昨年11月29日から12月24日までの間、一般に公募を行った結果、242点の作品が提出され、選考委員による厳正なる審査により、最優秀賞には三田功さん(東京都)の作品、学生優秀賞には4名の高専生の作品がそれぞれ選ばれました。
 表彰式では、最優秀賞に輝いた三田さん、学生優秀賞受賞者のうち、マスコットキャラクター作品を提出して記念事業実施期間中に特別に採用することが決定した福島工業高等専門学校専攻科2年・会沢渚織さんを招いて挙行され、選考委員を代表して京兼委員長(明石高専校長)からの講評に引き続いて国公私立高専を代表して林理事長から賞状と副賞が手渡されると、両名は喜びと感激に包まれた様子でした。

   
※画像をクリックすると拡大します[JPG]
京兼委員長からの講評
京兼委員長からの講評
最優秀賞 三田さんへの賞状の授与
最優秀賞 三田さんへの賞状の授与
 
学生優秀賞 会沢さんへの賞状の授与
学生優秀賞 会沢さんへの賞状の授与


.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る