機構からのお知らせ(平成27年5月7日)

平成27年度科学技術分野の文部科学大臣表彰に、仙台高専ほか
    3高専の教員5名が受賞しました



 文部科学省では、科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めた者について、毎年その功績を讃えています。
平成27年度については、旭川高専、仙台高専、明石高専、米子高専の教員5名の業績が受賞されたところです。
高専機構としても、科学技術に関わる教職員の意欲向上を図り、我が国の科学技術水準の向上に寄与することとしています。



●科学技術賞

 技術部門
  【仙台高専】 竹茂求 教授、那須潜思 教授
   業績名 寒天培養による微生物の標準試験法を迅速数値化した技術開発


 理解部門
  【米子高専】 谷藤尚貴 准教授
   業績名 化学生物分野でのアクティブラーニング導入による理解増進
  【旭川高専】 谷口牧子 教授
   業績名 知財教育の理論的及び実践的研究の普及啓発



●若手科学者賞

     【明石高専】 稲積真哉 准教授
      業績名 廃棄物処分場における地盤環境保全技術の高度化に関する研究


http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/27/04/1356509.htm [外部リンク]



.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る