機構からのお知らせ(平成27年9月4日)

オムロン・高専機構 共同教育プロジェクト
                   「平成27年度 制御技術教育キャンプ」を開催



 国立高等専門学校機構とオムロン株式会社は、ものづくりの現場で即戦力として活躍できる制御技術者を育成する目的で、制御技術教育に関する様々な共同教育事業を平成20年度より展開しています。この一環として、8月17日(月)から8月21日(金)の5日間、オムロン東京事業所において「平成27年度 制御技術教育キャンプ」を開催し、全国から国立高専の学生17名が参加しました。


 本年度は、「ゆれピタッ!プロジェクト-『ゆれ』を制して高速で搬送するロボットを開発せよ!-」と題したミッションで、参加学生は「吊り上げた荷物の揺れを最小限に抑えつつ素早く運ぶ搬送システム」を開発するため、毎日懸命に課題に取り組みました。


 最終日の成果発表会では、グループ毎に努力の結果を発表しました。どのグループも自信に満ちた、素晴らしい内容で、参加学生の制御技術に関するスキルはもちろんのこと、コミュニケーション力等の分野横断的能力も確実に高まり、充実したキャンプとなりました。


キャンプ参加者集合写真
≪ キャンプ参加者集合写真 ≫
  
制御プログラムに取り組む学生
≪ 制御プログラムに取り組む学生 ≫




.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る