機構からのお知らせ(平成27年12月8日)

IEEE中南米ロボット・コンテスト Humanoid Robot Racing部門で
   仙台高専が優勝、熊本高専が準優勝しました。



  平成27年10月28日~11月1日にブラジル・ウベルランディア市においてIEEE(米国電気電子学会)中南米ロボット・コンテストが開催され、Humanoid Robot Racing部門で仙台高専が優勝、熊本高専が準優勝しました。


 本部門は、日本がFEALAC(アジア中南米協力フォーラム)において、アジアと中南米の間でロボット・コンテストを行うことを提案したことを踏まえ、外務省とIEEEの間で実施されたものです。今年度、アジアからは仙台高専と熊本高専が参加しました。


 日本チームが参加したHumanoid Robot Racing部門では、10の学生チームが製作したヒューマノイド型ロボットを4m走らせ、そのタイムを競いました。決勝では上位5チームが競い合い、昨年度の記録を大きく塗り替える形で、仙台高専が優勝、熊本高専が準優勝の成績を収めました。


また、日本チームは積極的に他国チームと交流を図り、コンテスト当初には走行困難であったチームへアドバイスすることで、無事完走や走行タイムが縮まるなど、参加した部門全体の技術の底上げに貢献しました。
同競技に参加したブラジルチームがFEALAC賞を受賞し、来年初頭に日本を訪問し、仙台高専と交流することが予定されています。


参加者   Humanoid Robot Racing 競技フィールド
参加者    Humanoid Robot Racing 競技フィールド
      
会場の様子1
会場の様子
      
会場の様子2 会場の様子3
      
会場の様子4 会場の様子5


≪関連リンク≫
■ 外務省 FEALAC(アジア中南米協力フォーラム)
   http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/latinamerica/kaigi/fealac/index.html

■ 外務省 IEEE中南米ロボット・コンテストへの日本からの参加チーム募集
   http://www.mofa.go.jp/mofaj/la_c/m_ca_c/page3_001244.html

■ 外務省 IEEE中南米ロボット・コンテストへの日本チーム参加とFEALAC賞受賞者決定
   http://www.mofa.go.jp/mofaj/la_c/crb/page3_001474.html

■ 仙台高専
   http://www.sendai-nct.ac.jp/news/2015/11/11/newly-003835.php

■ 熊本高専
   http://www.kumamoto-nct.ac.jp/award/2015/11/brazilian-robotics-competition2015/



.

戻る

|

進む

ページトップへ戻る