【全】ヘッダーリンク:日
【全】言語切り替えボタン:日

背景色変更

【全】検索フォーム:日
サイト内検索
H1

お知らせ

すべて

ベトナム国労働・傷病兵・社会問題省との覚書交換式及び同省一行の来訪について

2019/09/04

 令和元年7月1日(月)、ベトナム国労働・傷病兵・社会問題省(以下「MOLISA」という。)と国立高等専門学校機構との「ベトナムにおける高専モデル教育の導入に関する覚書」の交換式が、G20参加のため来日していたベトナム国Nguyen Xuan Phuc首相と、安倍晋三首相の立会いのもと行われました。
 この覚書は、パイロット校での3年間又は5年間の高専モデル教育に沿ったカリキュラムの開発や、教員及び学生の交流、高専モデル教育の認証に係る協議機関の設立に向けた検討などについて、相互に協力することを目的としています。
 同日の午後には、MOLISAのDao Ngoc Dung大臣と谷口功理事長が会談し、ベトナム国の人材育成における高専教育の役割などについて、話し合いました。Dao Ngoc Dung大臣は、「今回の両機関の覚書は、基本となる内容のものだと考えている。これから、ベトナム国内の優秀な教育機関を選定し、高専教育の導入について働きかけたい。」と述べられました。

 翌7月2日(火)、MOLISAのTruong Anh Dung副総局長、Pham Viet Huong海外労働局副局長一行が、東京工業高等専門学校を訪問し、高専教育の現場を視察しました。
 一行は、新保東京高専校長による概要説明や、質疑応答ののち、「ものづくり日本大賞」を受賞した「シンクロアスリート」の体験、ものづくり教育センターでの実験機器の視察、学生による研究内容の発表や授業見学を行いました。
 Truong Anh Dung副総局長は、「シンクロアスリート」について説明した学生に対して、高専に入学した動機を聞いたりするなど、熱心に視察されました。

交換式後の記念撮影
交換式後の記念撮影

Dao Ngoc Dung大臣(写真右から3番目) と谷口理事長の会談
Dao Ngoc Dung大臣(写真右から3番目)
と谷口理事長の会談
授業視察
授業視察

「シンクロアスリート」を体験する Truong Anh Dung副総局長
「シンクロアスリート」を体験する
Truong Anh Dung副総局長

一覧へ