【全】ヘッダーリンク:日
【全】言語切り替えボタン:日

背景色変更

【全】検索フォーム:日
サイト内検索
H1

お知らせ

すべて

全国高等専門学校第16回デザインコンペティションにて
秋田高専(空間デザイン部門)、米子高専(構造デザイン部門、創造デザイン部門)、神戸高専(AMデザイン部門)が最優秀賞受賞

2019/12/20

 全国高等専門学校第16回デザインコンペティション(主催:一般社団法人全国高等専門学校連合会)が、12月7日(土)、8日(日)に大田区産業プラザPiO(東京都大田区)で開催されました。今回のメインテーマは、東京で2020年に開催されるオリンピックにちなみ、『五輪』の略称の起源となった『五輪書』の根底にある思想、戦国から江戸へという価値観の揺らぎのなかで普遍性を追究した宮本武蔵と、変化の激しい現代にあって新たな技術、価値の創造に向けて日々努力する高専学生の姿を重ね、「新『五輪の書』-<デザイン>の奥義を究めよ-」で行われました。

 本コンペティションは、主に土木系・建築系で学んでいる学生を中心にして全国の高専生が参加するもので、生活環境に関連した様々な課題に取り組むことにより、より良い生活空間について考え提案する力が育成されます。また、各高専で養い培われた学力、デザイン力の成果を基として作品を作成し競いあうことにより、普段の高専内での学習だけでは得ることが出来ない、高いレベルでの刺激を互いに与えあえる貴重な機会となっています。

 本大会では以下のとおり、各部門で設定される課題に対し、各応募チームが競いました。

・空間デザイン部門(建築物や広場の設計により競う)
課題:多文化共生空間の創出                                  応募:131チーム、予選通過10チーム
・構造デザイン部門(橋梁模型を制作、デザイン性等を競う)
課題:カミってる!!                                           応募:62チーム(予選なし)
・創造デザイン部門(地方創生のためのビジネスモデルの創造を競う)
課題:彼(か)を知り、己を知る                            応募:39チーム、予選通過11チーム
・AMデザイン部門 (3Dプリンタによる造形技術を活用し、新たなアイテムの開発を競う)
課題:社会的弱者に向けたスポーツ支援アイテム開発  応募:20チーム、予選通過11チーム
・プレデザコン部門(高専3年生まで限定のデザインコンペティション)
課題:課題:気になる“もの”                                  応募:42チーム(予選なし)

 競技の結果は以下のとおり、3高専の学生が最優秀賞を受賞
空間デザイン部門(日本建築家協会会長賞)       秋田高専                      作品名:CRUMBLE 個と都市をつなぐ線的な集団形成
構造デザイン部門(国土交通大臣賞)                米子高専                      作品名:逞弓
創造デザイン部門(文部科学大臣賞)                米子高専                      作品名:森になる、私たちの「地元」
AMデザイン部門 (経済産業大臣賞)                神戸高専                       作品名:剣道防具型
プレデザコン部門(科学技術振興機構理事長賞) 仙台高専名取キャンパス  作品名:最期の記憶 銀山温泉
                                                                  サレジオ高専                 作品名:mind connection sendai
                                                                  津山高専                       作品名:Collon

 本選の結果はhttp://デザコン.com/で閲覧できます。

 
dezakon01
空間デザイン部門(秋田高専)
 
dezakon02
構造デザイン部門(米子高専)
 
dezakon03
創造デザイン部門(米子高専)
 
dezakon04
AMデザイン部門(神戸高専)
 
dezakon05
文部科学省 黄地専門教育課長より文部科学大臣賞授与
(創造デザイン部門 米子高専)

一覧へ